館長からのメッセージ

2020/3/5

館長からのメッセージ

星山大使
ボツワナは、日本ではあまり知られていませんが、ダイヤモンドの生産やゾウの多さなどで世界有数であるのみならず、アフリカの中では珍しく、紛争のない民主主義国家として有名です。治安もいいので、サファリや映画「ブッシュマン」で著名なサン族などを目玉とした観光国でもあります。
 
日本とボツワナの関係は長く、ボツワナが独立した1966年以来,民主主義,人権,法の支配といった基本的価値を共有するパートナーとして協力関係を着実に育ててきました。例えば、1993年に初めて開催し現在第7回を迎えた、日本がリーダーシップをとってアフリカの開発問題に取り組んできたTICADプロセスにおいて、ボツワナ政府は、その成功に大いに貢献してきました。腐敗が少ないなどガバナンスに優れるボツワナ政府が日本政府に協力してくれたわけです。また、ボツワナは、地上デジタルテレビ放送の規格として、日本方式をアフリカで初めて採用した国でもあります。
 
日本大使館としましては、邦人サービスの向上や日本企業への支援のみならず、ボツワナに対する経済協力、人的交流、広報活動などを通じて両国のきずなを一層強化したいと考えています。
 
日本国大使
星山 隆

スピーチ